地盤改良のメリット|地中熱利用で沢山のエネルギーを確保しよう|快適な暮らしに導く工事

地中熱利用で沢山のエネルギーを確保しよう|快適な暮らしに導く工事

地盤改良のメリット

作業員

地盤改良の意義と様々な方法について

建築物や橋梁を地盤上に構築する際、その地盤が軟弱であれば安定性を保つために地盤に人工的な改良を加えることを地盤改良といいます。地盤改良をする前には必ず地盤調査をし、どの工法が適しているのかを見極めなければなりません。地盤改良の工法には、軟弱な地盤を掘削・除去し支持力の強い良質土に置き換える置換工法、地盤を平面的に掘削し石灰やセメント系固化材を混合しながら埋め戻す浅層混合処理法、深層混合処理法、載荷工法、脱水工法、各種杭工法などがありますが、抗工法の中でも松杭は紀元前から用いられているという歴史があります。日本では震災の影響もあり、液状化現象に対応できる最適な地盤改良方法が模索され続けています。

地盤改良によく用いられるトレンドの工法

住宅や建築物の建設予定地が軟弱な場合、地盤改良をすることによって建築物の荷重に地盤が耐えられるよう地盤を補強する必要があります。様々な工法がありますが、最近多くみられる工法は主に表層改良工法、柱状改良工法、鋼管抗工法が挙げられます。しかし、地盤改良のために使用する素材によっては発がん物質を含むといわれるものがあったり、地盤補強のために地盤に埋め込んだものが地価を下げる原因となったり、欠陥工事が原因で地盤事故が発生したり、従来の工法で問題が起こることも予測されます。そこで最近は、砕石抗工法という天然砕石を用いた新しい工法も用いられ、地震の衝撃や液状化現象に適し、周辺環境にも優しい工法として注目されています。

Copyright © 2017 地中熱利用で沢山のエネルギーを確保しよう|快適な暮らしに導く工事 All Rights Reserved.