温泉で癒される|地中熱利用で沢山のエネルギーを確保しよう|快適な暮らしに導く工事

地中熱利用で沢山のエネルギーを確保しよう|快適な暮らしに導く工事

温泉で癒される

工事現場

温泉と言えば、山や海がそばにあるところを想像する人が多いと思います。山や海で出ている温泉の多くは、昔から湧き出ているところや、水たまりができたので少し掘ってみると温泉が出てきたという嘘のような本当の話もあります。 このような温泉に対して、地中1000メートル以上も専用の機械で掘り進めて管を入れて地中から温泉を引っ張てくるタイプもあります。ここ十数年で見かけるマンションや一戸建て住宅、商業地にある温泉というのがそのタイプであることが多いのです。 この国は下に掘り進めて行けば温泉は90パーセント以上の確率で出ると言われており、それだけ温泉開発には期待ができます。ちなみに既定の温度と温泉の成分が一つでもあればそこから出てくるお湯は温泉と定義してもいいようです。

温泉開発は費用が掛かります。調査して200万円、掘って6000万円、管を引いて300万円、2年おきに行うメンテナンスで200万円ぐらいは軽くかかります。10年も使うと1億円ぐらいにはなりますが、それでもなお温泉開発が行われる理由は何でしょうか。それは温泉が市民に愛されていることと、市街地に作ることで一定の需要が認められるとされているからです。ある程度大きな施設を作り、塩を体に塗るタイプの風呂屋蒸し風呂などを作って工夫をすすれば、週末はかなりの来場数が期待できますし、平日でもそれなりに利用者は多いのです。 ところが、都会だけではなく、温泉のない田舎でも温泉開発をするところがあるようです。その目的は村おこしです。昔から温泉を掘り当てると億万長者になれるという話もあったことから、温泉でにぎわう村を目指して掘っているのです。

Copyright © 2017 地中熱利用で沢山のエネルギーを確保しよう|快適な暮らしに導く工事 All Rights Reserved.